おいしい野菜の見分け方

おいしい野菜の見分け方のヒント

>

野菜の見分け方

生野菜の見分け方

トマトは、緑色のヘタをみて生き生きしているものが新鮮です。
全体に堅くて締まった丸い形のもので、やや四角い形状のものは空洞のことが多いです。
ヘタの近くにヒビがあると、トマトの味が悪いようです。
青みがあるものは、常温で保管すれば徐々に赤くなります。
冷蔵庫で、ビニール袋に入れて保存します。
重みで傷み易いので気をつけましょう。
キュウリは、鮮やかな緑で張りがあって表面のトゲがあるものが新鮮でおいしいです。
全体にキュウリの太さが均一である方がいいです。
曲がったキュウリでも、品質や味に変わりはなく安く売られていればそれで十分です。
冷蔵庫で、ラップに包むかポリ袋に入れ密封せずに保管します。
まとめ買いや沢山いただいた時は、漬物や酢漬けなどにするのもアイデアです。

スープでも

キャベツは、巻き方がよく手に持つと重さのあるものが状態がいいです。
外側に割れ目があったりしているものは古いです。
外側の深い緑の葉がなく白っぽい時は、葉が傷みお店で何枚かむいているので古いです。
外側から丁寧に葉をはがします。
冷蔵庫で、紙に包みビニール袋に入れ保存します。
芯の方を下側にしておくと長持ちします。
玉葱は、玉がしっかり堅く、皮が乾燥しているものがいいです。
芽のまわりが柔らかいものは避けた方がいいです。
根が伸びてきているものの品質は低下し始めています。
風通しのいい袋などに入れ、吊るしたり風通しのいい涼しい場所を選んで保存します
重いものにあたったり、水に濡れたりすると傷み易くなりますので気をつけておきます。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ